キラリと光るキラっ人さん

キラっ人さん紹介

母親が元気でしっかり仕事をする姿を見せることが、子供たちの元気にもつながります

  • 石山 純恵さん(株式会社クリフ)
  • いしやますみえ
  • 株式会社クリフ 代表取締役

株式会社クリフ代表取締役。クリフ(CRF)は「コミュニケーションのC、ルネッサン スのR、ふくしまのF」の頭文字をつなげて命名。「崖っぷちから這い上がろう!」という強い想いも込められている。二人の息子を持つ母。

キラッ人さんの
企業ページを見る

離婚をきっかけに起業、人脈づくりからスタート

起業したのは、離婚がきっかけです。以前は夫婦で外国語教育の会社を運営していましたが、どこか企業に就職しようと思い、業種を問わず8社ほど面接を受けましたが、どこにも採用されませんでした。それなら「自分で何か仕事をつくるしかない」と、起業したのが平成20年のことです。あらゆる企業人が集まる機会に顔を出し、得意分野の外国語とコミュニケーションを活かしたビジネスについて売り込みをしました。いただいた仕事は、スピード感をもって、成果が見えるように取り組んでいます。「ともかくがむしゃらで無我夢中」に仕事をしてきましたが、そんな私を間近で見てきたのが二人の息子たちです。
二人の息子を育てるとき「自分のことは自分でさせる」ようにし、それから「自分の言動に責任をもつことが大事」と伝え続けてきました。 起業当時小学生だった長男は、高校を卒業しアメリカに留学しています。留学の際、成田空港まで見送りに行った私に「心から感謝しています」と書いた手紙をくれました。それを読んだときには、もう涙が止まりませんでした。息子たちと社員たちの成長は仕事をする上でも 大きな励みになっています。

プロ意識をもって、さらに前進あるのみ!

子育てをしながら仕事は続けるのは、大変なことですが、それでも、母親が元気でしっかり仕事をする姿を見せることが、子供たちの元気にもつながっていると実感します。仕事と家庭をどちらも充実させるには、強い意志が必要です。時に私は、仕事に対するモチベーションが高いと評されることがありますが、そうではなくて、高いのは仕事に対する“プロ意識”だと思っています。自分でなくてはできないこと、他の誰かに任せられることを見極めることで、自分の価値を高めることができるのです。厳しい言い方かもしれませんが、「仕事も家のこともがんばっているのに認めてもらえない」という被害者意識はあまり意味がなく、やりたいことがあれば、どうすればそれを実現することができるのかを考えた方がいいのです。チャンスがないとか、出会いがないと言わずに自分からトライする。アンテナを高く立てて自分に必要な情報をキャッチしていく。そこで重要なのは、世の中がいいとしていることと、自分にとっていいことの違いを、自分自身で納得できる判断基準をもつことが大切なのだと思います。それでも迷ったときは、私の場合、「これは誰かのためになるのか?」「社会のためになるのか?」ということを考え判断します。
これからも、目の前にあることを確実にこなしながら、前へ前へと進んでいきたいと思います。

キラっ人さんを応援している企業のご紹介
キラっ人さんがいる企業とは
どんな企業なのか、気になります。
福島で頑張る
キラっ人さん紹介
どうしてキラっ人さんがキラキラしているのか分かるかもしれません。

pagetop