キラリと光るキラっ人さん

キラっ人さん紹介

前職のスキルを活かし、パート採用から「残業なし」の正社員に

  • Y.Iさん(タカラ印刷株式会社 営業部 メディカルチーム)
  • わい・あい
  • タカラ印刷株式会社

1983年東京都生まれ。大学卒業後、システムの企画や設計、構築、運用、保守などの業務を行う企業でシステムエンジニア(以下、SE)として働く。夫の実家がある福島への転居のため前職を退社。2019年タカラ印刷にパートで採用され、翌年に社員に登用された。就学前の2児の母。

キラっ人さんの
企業ページを見る

規則正しい生活を取り戻すために就活を開始

 「長男が小学校に入学する前に引っ越そう」と夫と話し福島に来てから第二子を出産し、しばらくは子育てに専念していました。もちろん子どもは大事なのですが、ずっと一緒にいると自分のことは後回しになり、ゆっくりご飯は食べられないし、トイレに行くことさえ難しくなります。睡眠も妨げられて、特に出産した直後は、基本的な衣食住が奪われている気分になりました。
 やがて、朝起きて寝る時間もまちまちになっていったので、規則正しい生活を取り戻すためには、仕事を始めて自分自身のお尻を叩いて追い詰める必要があると思うようになり、もともと福島に来てからも働くつもりだったので、下の子が1歳になった頃に就職活動を開始しました。子どもとの時間を確保するためにも「まずはパートから」と求人を探し当社に採用されました。

個性を認め合っているので職場で主張しやすい

 福島に来る前まで働いていたのは、徹夜も多い過酷な職場でした。何度も転職を考えながら、産休、育休、時短勤務を経て最終的に10年続けました。SEでも、社内システムを構築したり、パソコンのトラブルを解決する「社内SE」なら、多少ゆとりをもってスキルを活かせるかもしれないと思いましたが、パートの求人はほぼありません。当社の求人は「営業サポート」でしたが、SEで営業をサポートしていた経験が活かせるかもしれないと思って受けました。
 実際に入社してからは「営業サポート」だけでなく、パソコンを使った「アンケート集計」も担当することになったので前職のスキルも活かせています。当社は一人ひとりの個性を認め合う社風があるので、仕事中も笑いが絶えず楽しく働いています。お互いを尊重しているので、主張がしやすいですし、「子どもの行事で休みたい」という個人的な要望も聞き入れてもらえます。

趣味のバレーも楽しみながら子育てと仕事を両立

 しばらくすると「アンケート集計」業務がパートの勤務では収まりきらなくなり、約1年後に会社から「社員になりませんか」と声をかけられました。「保育所のお迎えのため17時30分には退社したい」という要望が受け入れられたので、家族とよく話し合って社員になりました。
 社員になると保育所に行く時間が早くなり、時には土曜出勤もありますが、夫や同居している夫の両親の協力が得られたことで一歩踏み出すことができました。子どもたちと一緒の時間はしっかり向き合い、夜は私も一緒に眠ってしまうのが両立の秘訣。週2回は家族の協力のもとで趣味のバレーに参加し、休日には親子で思い切り体を動かして楽しむ今、毎日がとても充実しています。
 職場では、「会社のみんなに頼りにされる存在になること」を目指しています。そんな働く母の姿を子どもたちがもう少し大きくなったら見せてあげたいと思っています。(2020年12月取材)

>> 一覧に戻る

キラっ人さんを応援している企業のご紹介
キラっ人さんがいる企業とは
どんな企業なのか、気になります。
福島で頑張る
キラっ人さん紹介
どうしてキラっ人さんがキラキラしているのか分かるかもしれません。

pagetop