キラリと光るキラっ人さん

キラっ人さん応援企業・団体紹介

県内市町村で初めて市長がイクボス宣言! 商工会や小中学校も巻き込み地域全体の魅力アップを目指す

  • 白河市役所

今回お話をうかがった方
白河市 副市長
圓谷 光昭(つむらや みつあき)さん

ワーク・ライフ・バランスを応援

2016年12月1日に、白河市長が県内の他市町村に先駆け「イクボス宣言」をしました。イクボスとは、職場で共に働く部下、スタッフのワーク・ライフ・バランスを考えて、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績の結果も出しつつ自らも仕事と私生活を楽しめる上司のことです。この宣言を行うことにより、市職員の意識改革を図り、職員が安心して育児や介護ができる環境の整備や、職員のワーク・ライフ・バランスを応援して、「いきいきとした働き方」を目指します。その背景には、市職員の超過勤務解消という課題もあります。東日本大震災以降、復旧関係の事務で時間外労働が相当増え、ひと段落してからも常態化が続いてきました。「イクボス宣言」は育児や介護をしながら働く職員を応援するのが第一義ですが、「働き方改革」をきっかけに問題点を探ろうという側面もあります。

女性をはじめ多くの人の活躍のために

「自分が休んでしまったら周囲に迷惑がかかってしまう」という気持ちから、仕事と育児や介護との両立に対する困難や不安を抱えてしまう人がいます。そういった人が、気がねなく様々な制度を利用できる職場の雰囲気づくりが大事です。
少子高齢化で労働人口が減っていくなかで、女性をはじめ多くの人に活躍してもらうためには、誰もが働きやすい職場づくりが不可欠です。白河市役所の職員538人のうち約4割は女性で占められています。白河市は女性活躍推進法に基づいた行動計画の中で、現在21.2%の女性管理職を今後30%以上にする目標を掲げていますが、女性活躍のためにも、男性の育休取得などに理解を深める必要があります。現在、女性職員の育休取得率は100%で、これまで男性の育休取得実績はありませんでしたが、平成28(2016)年度、男性が初めて育休を取得しました。

「ある制度を使って」とボスが呼びかけ

2016年4月に白河市が導入した「時差出勤」は、育児や介護だけではなくプライベートの充実にも使うこともできます。この制度を使うことで、通常は8時30分から17時15分までの勤務を、7時から15時45分、10時から18時45分といった形でスライドさせることができます。例えば夜に会議がある時に、始業を遅くすることで家の用事を済ませてから出勤することができますし、超過勤務が発生しません。また、朝型勤務にすることで、例年夏に推奨されている「ゆう活」も実現できます。
白河市役所でこの「時差出勤」以外の育児や介護に関わる制度は、すべて法定のものです。これからアンケート調査を行い「どんな支援が必要か」を踏まえた制度設計を進めますが、まずは現在ある制度を職員に活用してもらう必要があります。そのためにも「イクボス宣言」によって、リーダー自身が制度の内容を理解し、「遠慮なく使うように」と呼びかけることで意識改革を進めていきます。

民間企業の人材確保にも効果を期待

市長の「イクボス宣言」と同時に、白河商工会議所会頭、表郷・大信・ひがし各商工会会長もイクボス宣言を行いました。続いて2016年12月27日には副市長、教育長および課長以上の管理職が研修を受けた後に、宣言をしています。さらに2017年2月には、白河市内の小中学校の校長も宣言をしました。
市の取り組みだけではなく民間の中小企業や事業主の方にも同時に理解を深めていただくことで、「働きやすい職場」が実現すれば、雇用時のアピールポイントにもなり優秀な人材確保につなげることができます。まだ始まったばかりの取り組みですが、よりよい形で市内に浸透していくことを期待しています。          

白河市の魅力を底上げするために

「家族や友人との団らん、教養・趣味、スポーツなどのプライベートの時間は仕事をする上での活力となり、豊かな人間性を磨くにも大切。仕事以外にも生き甲斐や楽しみを見つけることで情操、バランスの取れた人が育ち、さらなる人格が育ってくるものであり、職員は魅力のある人間になってほしい」と白河市長は話しています。仕事以外のことに時間を使うことでこそ、創造的なアイディアが浮かんでくるものです。それらを上手く活かしていくことができれば、白河市の魅力を底上げすることができるはずです。白河市では「雇用の確保」「子育て支援」「交流人口の増大」を政策の三本柱にしていますが、すべてにおいて必要なのが「人材」です。「イクボス宣言」は、それらすべての分野に良い効果を及ぼすものだと思います。            (2017年2月取材)

基本情報
事業内容
地方行政機関
企業名
白河市役所
所在地
〒961-8602 福島県白河市八幡小路7-1
TEL
0248-22-1111(代表)
FAX
0248-27-2577
URL
http://www.city.shirakawa.fukushima.jp/
キラっ人さんを応援している企業のご紹介
キラっ人さんがいる企業とは
どんな企業なのか、気になります。
福島で頑張る
キラっ人さん紹介
どうしてキラっ人さんがキラキラしているのか分かるかもしれません。

pagetop